円滑な仕事のカギは信頼関係!
「すごい面談」が最も大事にしていること
~あなたの声は伝えたい相手に真っ直ぐに届いていますか?~       

親子関係、友人関係、先生と生徒、上司と部下etc…

とかく人間関係にはコミュニケーションがつきものです。

あなたが「こうしたい!」と思うことを伝えるのも、

相手が「こうしてほしい」と思うことを伝えるのも、

手段としては、直接口頭でも、メールでも、LINEでも、

FBメッセンジャーでも、

究極は【コミュニケーション】です。

 

ただ、その【コミュニケーション】は、

【双方通行】であってこそ、機能するものです。

 

伝えたい意図と意図をお互いに投げ、

キャッチ(受容)できているのが理想です。

いわゆる【キャッチボール】ですね。

 

では、この相手からの投げかけに対しての

【受容】がないとどうなるのでしょうか?

 

いちばんわかりやすいのが、

例えば夕食前の母と子の会話です。

 

母:ゲームばかりやっていないで、

宿題はもう終わったの?!もうすぐ夕食よ!

さっさと済ませちゃいなさい!

子:うるさいなぁ、今やろうと思ってたんだよ!

 

この例でいうと、子のこころの声は

「今じゃなくても後でやるならそれでいいじゃん!」

 

同様に、母は

「遊ぶなら、やらなきゃいけないことを

さっさと済ませてから遊びなさい!!」

 

相手からの投げかけについてお互いに

キャッチ(受容)がなく、

完全に一方通行なのがわかると思います。

 

これが仕事の人間関係となるとさらにシビアです。

 

「そもそも他人対他人」、

「すぐに結果(宿題を終わらせる)を出すことを

求められる」「宿題の結果が精査され、世に出る」

 

が常について回ります。

周囲の人との双方向のコミュニケーション

密に行われていないと、求められる結果を出すのは

とても難しいのです。

 

誰だって、【おこごと】を言うのはしんどいです。

 

それは受ける側も一緒です。

誰から発された言葉かによって、

受け止め方が全く異なる場合が多いです。

普段から友好的に接してくる人から言われれば、

素直に耳に入るし、

常に否定的な言葉から入る人から言われれば、

「あなたには言われたくないです」になってしまう。

 

同じ言うなら、

【伝えたい相手にまっすぐに伝わる言葉】を

発したくないですか?

すごい面Fb:

https://www.facebook.com/sugoimendan/

 

西博史Twitter:

https://twitter.com/G10vi3wL58mCHFJ

 


西博史Instagram:

https://www.instagram.com/sugoimendan/?hl=ja

 

◇◇「すごい面談」を実際に体験しませんか?
オンライン無料セミナー開催!!◇◇

7月4日(土)6日(月)
7月18日(土)20日(月)
上記4日程とも
①14:00~16:00 ②18:30~20:30

お申し込みはこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeHgo1DKPBpWn83tL2Z58T__kt7_rqeDp8DfGtXs-lM_8Q1gw/viewform

 

上記Fb、Twitter、Instagramにても随時情報更新中!!

 

 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事